競馬はギャンブル要素抜きにしても面白い

競馬ってギャンブルだからあまりいい印象を持っていない人は多いと思います。

でも競馬はテレビで観戦するだけでも十分楽しめるから、もっと色々な人に見てもらいたいです。私は祖母に誘われて見るようになりました。馬券を買わなくても、テレビで競走馬が走っている姿を見ているだけでも面白いと思います。そして競走馬だけでなく、騎乗している騎手もかっこいいと思えます。

私はどちらかというと騎手の方を応援しています。応援するだけなら馬券を買わなくても済むのです。テレビに映り、レースで勝ち、インタビューを受けている映像を見ているだけでも満足できます。

そういう意味では競馬ってギャンブル以外の面でも楽しめると思います。とっつきにくい部分は確かにありますが、一度入り込むとなかなか抜け出せない世界だと思います。

私は過去に何度か馬券を買ったことがありますが、正直全く当たりません。初心者だから当たり前ですね。競馬って勉強しなければ当たらないし、勉強していても外れることが多いから、なかなか奥が深い競技だと言えます。

また見に行きたい!府中の競馬場

20代の頃、彼氏と府中へ競馬を見に行きました。「天皇賞」を見に行き、初めてサラブレッドを間近で見られてとても毛並みがキレイでした。その当時、サンデーサイレンスがいてぶっちぎりの1位だったことを覚えています。

帰りに携帯電話の画面に貼るサンデーサイレンスのフィルムを彼氏に買ってもらったのもいい思い出です。初めて1000円、単勝買いをして少ないながらも当たりました。

10年以上前の話ですので、記憶が薄れてきているのもあります。現在、一緒に競馬を見に行った彼は旦那になっています。今は九州地方に住み、なかなか東京に行くことはないですが、家族がいるため年に数回は行くことがあると思います。

ギャンブルで行くというよりは、今度は子供にあの美しい馬を見せてあげたいのがあります。お金があれば私は馬主になりたいぐらいです。乗馬もしたいです。

来年あたり、旦那に「府中に行って競馬を見に行こう」と言ってみようと思います。府中の競馬場は変わったのかどうか楽しみです。

これが競馬する場所?いろいろな競馬場ってあるんだなあ

長崎にあるハウステンボスに友人と行きました。その時にお城のように綺麗な建物がありそこが競馬をするところだと知りました。あまりにもイメージと掛け離れていたためとても驚きそして初めての競馬体験をしてみることにしました。実際に馬が走っているわけではなく大きなスクリーンでみるという感じの所でした。

賭け事などまるでしたこともなかったのですが友人が馬にとても詳しく見様見真似で初体験です。

友人は新聞を見ながら一生懸命馬を選んでいましたが私はさっぱり分からなかったので馬の名前で決めました。賭け方も三種類ほどあるという事でしたが素人でしたので単純に一番の馬を当てるというシステムのを選びました。

実際スクリーンがある会場は舞台をしているような場所で二階などには特等席的な場所までありびっくりしました。友人によるとここは別格の造りになっているという事で他の所は全く違うという事でした。

レースはあっという間に終わり全く当たっていませんでした。でも100円単位から遊ぶことが出来るみたいで一度本物の馬のレースにもいってみたいと思いました。

友人に誘われすっかり競馬が趣味になりました

友達が海外も含めて競馬をします。会うたびに競馬の話をするので気になってしまい、友人に競馬場に連れて行ってもらいました。初めてだったので掛け金は少なくしました。

そして勝ったのでものすごく嬉しかったです。それ以来すっかり競馬が趣味になってしまいました。あの時の興奮が忘れられず、負けることが多いのに競馬をしてしまいます。

走っている馬を見ているとすごく勇気が出てきて、自分も頑張ろうって思えますし、馬のことに興味を持つようになり海外の競馬まで食指を伸ばすほどになりました。
海外競馬の掛け方

一位をとった馬はどこの馬なんだろうとか、馬について色々調べることが楽しく、絶対に競馬なんてしないと思っていたのに、生活が変わりました。特に趣味などがないですし、独身なのでお金は全て競馬に使っています。

でも、借金をするとか、生活費がなくなるまでお金を使うことだけはやめようと決めています。余裕のある程度に競馬を楽しんでいます。友人と会えば競馬の話で盛り上がっており、新しい趣味ができてとても嬉しいです。

障害レースが大好きな自分がいる。

私は競馬の中でも、障害レースが大好きです。大きな競走馬が、障害を飛び越え、長い距離を走ります。飛越して、バランスを失い、転んだら一発で終わりです。馬も騎手も命をかけて、私たち競馬ファンを喜ばせるために、必死で頑張っています。

私は一頭でも怪我しないように、予後不良にならないように、祈りを込め、馬券を購入しています。レースに出た競走馬全馬が無事に元気に戻ってこれるように、いつも強く願います。

普通、障害レースに出る馬は平地レースで成績が悪くなったり、優秀な馬が出るイメージではありません。馬は利口なので、その事情を知っているみたいで、余計レースは頑張ると聞きました。あまり障害レースは人気がなく、一日に1レースまたは2レースしかありませんが、もっと応援してくれるファンが増えてくれると嬉しいです。馬は生き物です。大切な命です。

牧場関係者の方、一頭に携わる多くの方の想いを込め、一生懸命走っています。競馬場などで平気で落馬しろ、など怒鳴っている人は私は許せません。確かに競馬はギャンブルですが、本当に馬を愛し、応援している人も多いのです。

一度くらい馬券を的中させてほしいものです

私の主人は大きなレースがあるときだけ馬券を購入しています。とはいえ大きく賭けるわけではなく、数千円程度の範囲内で自分のお小遣いをやりくりしながら競馬をしているだけなので、まぁいいかなと思っています。

ただいつも3連単ばかり狙っているので、ほとんど当たることはありません。

これは馬の着順どおりに当てなければいけないので配当も大きいですが当てるのは難しい、それくらいなら3連複のほうがいいんじゃないかと私なんかは思うのですが、それだと配当金がグッと下がるからイヤなんだそうです。

でも配当金が高くても当たらなくては意味がないので、どうせなら当たる確率の大きい方を買えばいいのにと競馬に対して詳しくない私はいつも主人に言うのですが、それでも配当金が大きい方が主人にとっては魅力なようです。

額は小さくても一度くらい当たってほしいものだとそんな主人を見ていて内心いつも思う私ですが、やはり競馬に詳しい人とそうでない人とは考え方も違ってくるのですね。

競馬に偏見をもってほしくないという話

私も競馬を楽しんでいる1人です。

なにをもって競馬を楽しむという内に入るのかという話なんですが、テレビでやるレースを見て楽しむというだけでも競馬を楽しんでいるといっていいと思っています。

人と馬が織りなす筋書きのないドラマが展開されているわけですから、そのドラマを見るというのは競馬の魅力の大半であると思いますし、私個人の意見としては「賭ける」という行為はおまけだと思っています。

私も「賭けて」いるんですが、毎週「100円」だけ賭けるというのが基本路線です。

経済的な問題もあるんですが、なにより大金を賭けるということはしたくないということと、100円であっても賭けてレースを見る楽しみを味わえるということが100円だけ賭けるということを後押ししていると思います。

この100円を賭けるか賭けないかで、競馬への興奮度合いが全然違うんです。

応援したい馬や騎手、そして見返りさえも期待できる楽しさというのは「おまけ」だとは思っていてもやはり魅力がありますし、賭け事ということに拒否反応を示す人にも一度やってみてほしいと思う楽しみ方です。

競馬を楽しんでいる1人として、競馬はいいものだなと思ってもらえる人が増えてくれることを望むばかりです。